プロミスレディースの審査は主婦でも安心できる?

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はありません。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安い、審査の流れが早いなどがあげられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

それよりも、手続きが分かりやすいということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのネット申し込みのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

比較的簡単に借入ができるとされているプロミスですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンの審査の流れですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資をメインとする消費者金融のプロミスの審査の流れをみると方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

参照:プロミスレディースの審査は主婦でも大丈夫?【ローン審査基準!】

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と呼ばれ、どの消費者金融でも貸し渋りが起きます。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンの審査の流れは金利が低く、貸出限度額が大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

一方、消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングの方が銀行カードローンよりもデネット申し込みのメリットが多いように思えますが、消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

ネット申し込みの審査の流れから結果の通知も早く、即日融資も可能なので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

一般的に消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンの審査の流れは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンの審査の流れは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融のプロミスの審査の流れをみると場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるネット申し込みのメリットもあります。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

消費者金融のキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたので法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。