生命保険ドットコムの評判は悪い?商品券がもらえるキャンペーンやってる?

保険無料相談をサービスとして提供している会社はとても多いです。

そんな状況で自分の要望ぴったりの会社を探すのは、なかなか難しいことでしょう。

ネットなどにあるランキングを参考にしてみるのも良いでしょう。

これはさまざまな点から順位をつけてくれているので、優先事項を整理しながら選ぶことができます。

よく聞くような名前の会社でもFPさんとの相性や信頼関係は妥協できないところなので、位置づけが上のところから面談を始めてみるなど、有効利用することが満足への近道です。

車の買取や引っ越しなど様々な場面で見積もりを取りますよね。

見積もり後に頻繁に電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をしたりするのが面白いと言いますが最近では、電話が苦手という方が多いイメージを持っています。

保険無料相談サービスの案内時では、強制的な勧誘を行ったり、評判の悪いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に関してしっかりと対策が考えられています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行う場合はストップコールというシステムがあり、電話一本で勧誘のストップや担当者を変更することもできます。

最近ネット広告など様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

無料で営業できるのか理由を調べてみました。

その答えは、相談者から料金を取らず各保険会社からの契約手数料を収益という形で支払われているからです。

つまり、相談サービス会社としては、勧めた保険に乗り換えてもらうことで収益が入ることになります。

そのため、お客様目線で対応してくれるサービスが多く「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はほぼ起きませんので安心して利用できますね。

少し前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォン業界では額が大きすぎて本体金額よりもキャッシュバックされるようなこともあり問題になりました。

保険無料相談サービスでも同じように商品券プレゼントをしていました。

この1、2年はそういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、総務省や金融庁が発表した指針で高額キャッシュバックや高額なギフト券などをプレゼントするキャンペーンをしないように指導したからです。

そのため、相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変えているサービスもあります。

保険無料相談サービスの使徒上から商品券をプレゼント!というキャンペーンを全く見なくなりました。

調べてみると、2017年4月の金融庁の指導によって相談特典で高額な商品券がもらえるという販促活動をするのは禁止になったからです。

金融庁の指導の具体的な文言としては換金性の高い商品の提供の禁止です。

逆に言うと「換金性の低い商品なら問題ない」とも解釈できるので一部のサービス業者では商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う販促方法で募集をしている状況に変わっています。

そのため、高額な商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

保険無料相談サービスに申し込みをしたけれどなかなか連絡が来なくて面談ができないという人がいるそうです中小のサービス会社の場合、登録してるFPの数が大手サービスに比べて圧倒的に少ないためです。

そもそもなぜ無料で相談をできるかというとFPの提案した保険に加入をしてくれるからです。

そのため、契約の見込みの低い案件はサービス側が後回しにしてしまうことがあるという仕組みになっています。

急いで相談をしてもらいたい場合は、キャンペーンを諦めてFPの登録者数の多い大手のサービス会社に申し込むか、街中の保険ショップの利用をお考えください。

保険相談ができる会社はたくさんあるのでいざどこにするかという話になると迷うかもしれません。

選ぶならこういうところが良いのでは?といういくつかの大切なポイントを示してみようと思います。

まず最も調べておくべきなのは、FPさんたちの能力についてです。

もちろん実際は相性の問題もあるので、いざというときに利用可能なサポートが用意されてある会社を選ぶと良いでしょう。

またさらに取扱商品数についても多ければFPさんの提案力に繋がりますから気にしてみましょう。

アフターフォローの詳細も忘れずに確認しましょう。

営業の人に提案されるがままに保険を契約してしまって実は、内容を十分に把握できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

知識がなくても保険の専門家が今はどんな保険に入っているか、現在思い描いているライフプランに合わない保険だった場合、こっちの保険の方があっているなど相談に乗ってくれます。

また、その結果、余計なオプションを外したり別の保険に切り替えることで保険料が減る方も多いようです。

また、FP紹介サービスの中にはサービス利用時に条件を満たすとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

世間に多々ある保険無料相談会社ですが、それらをさまざまな観点から比較してくれているサイトが多くあります。

よくポイントとして挙げられるのが、面談までのやり取りが簡単にできるかどうか、また取り扱いが可能な商品の豊富さ、そして最も見るべきはFPさんの評価の良し悪しです。

長い人生でもトップクラスの支出となるものについてのことなので、一社だけでなくいくつかの会社と面談をするなどして、長く付き合っていけるような人とこれからのことを決めていくのが良いと思います。

2017年に出された金融庁からの指導により保険無料相談後に高額なギフト券を相談者へプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指導を受けて各サービスでは、商品券から牛肉などの景品へ変更しています。

また、現在も商品券をプレゼントするキャンペーンを行っている相談サービスもありますが、これは明らかにルール違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスの利用を検討しているのならば、キャンペーンだけでなくサービスの質を重視して選びましょう。

相談をしたいと思い立ってすぐに見直しをしたいなら近所の保険ショップに行くという選択肢もあります。

料金0円で保険相談をしてもらったとき、本当なら受けるもやめるも自由にして良いのですが、いくつもの面倒な質問に快く答えてくれたりこちらに合わせた資料をたくさん用意してくれていたりすると、決め手に欠いた場合に言い出し辛いことがあるかもしれません。

大切なお金のことなので、結論を出すのに時間がかかるのは当然のことでしょう。

ひとつの断り方としては、はっきりと連絡はいらない旨を伝え、検討する意思を表すことでしょうか。

なかなか解決しない場合は会社にあるサポートを利用しましょう。

保険のプロと0円で見直しができるだけでなく、そのうえ商品券までもらえるなんてお得ですよね。

手に入れるには何をすれば良いかというと、会って話し合いをするだけであったり、面談後にあるアンケートに回答したりすればもらえます。

額は数千円ほどが多いようですが複数の会社で面談をしたら合わせて数万円にもなるかもしれません。

ただし、もちろんもらうことが目的と判断された場合は無理なので、あくまでおまけとして頭の片隅に置く程度にして面談そのものを意味のあるものにしましょう。

保険に関しての相談をするにはさまざまな方法があります。

家や近所までFPさんに来てもらう人もいれば、テレビなどでよく名前を聞くような会社の店舗まで行ったことがある人も少なくないのではないでしょうか。

有名なところではショッピングモールや地下街、駅前など、ほかの用事のついでに寄れるような店舗も多いので、気楽な感じで入れそうです。

自宅にあげたり、知り合いがいるかもしれないようなお店で健康や金銭的な話をしたりするのに抵抗があれば、実店舗を構えているところが良いかもしれません。

世間では人生で2番目に高い買い物は保険と言われています。

失敗しないようにぜひじっくり選びたいものです。

そんなときは無料相談を上手に利用すると便利です。

大雑把に大きく分けると来店型と訪問型とがありますが、中には面談やアンケートで特典が付くところも。

内容は商品券や図書券などが多く、現金の場合もあるようです。

金額的には数千円ほどですが、面談を数社とするならお小遣いとしては十分な額になるでしょう。

プロに話を聞ける上にプレゼントまであるなんて、ダブルでお得なお話ですね。

家計がギリギリ、でも貯金はしたい!という方は毎月の支出をどうやって節約しましょうか。

お子さんがいる場合は食費はなるべく減らしたくないですよね。

そうするとすぐに思いつくのは、携帯電話料金です。

いわゆる格安SIMに乗り換えるという方法です。

それでも家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

CMなどでよく見る保険無料相談サービスを利用した人のブログによると現在の保障内容をライフプランなど様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも信頼できる担当者を見つけて相談しましょう。

保険の見直しならなら生命保険ドットコムがおすすめです。

参考:生命保険ドットコムの評判はどう?見直し相談を体験しました

よくネット広告などで見る保険無料相談サーブ¥ビスですがなぜ無料で行えるのでしょうか?その答えは、相談者が保険契約した際の手数料です。

この仕組みは相談者にとっては、メリットが多いです。

相談者が契約した時に初めて収入があるということは、加入してくれなければFPはボランティア状態で赤字状態になるため、保険紹介の質、紹介する保険の内容の熟知度を高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者に合致していて、紹介者のスキルが高くなり、説明がわかりやすいなど良い面ばかりです。

信頼性を気にしているので、現状の契約の方が最良と判断をしたら別の保険を無理に勧めたりもしません。

皆さんも保険についてわからないことがあれば気楽に相談してみましょう。

勇気を出して保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の変更を案内された。

よく言われているのが保険は家の次に高い買い物という話です。

そのFPが信頼できると感じてそのまま変更するのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後にB社、C社にも相談をして提案内容を比較するのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社のすすめる内容をB社に見せると相談者本意ではなく、A社に対する対抗心で提案をしてくる可能性があります。

信頼できる担当者探しとしてはB社に見せた時に「A社の内容でOKです。

付け足すものもないです」と言うくらいの人や担当者だったらほぼ間違いなく信頼できます。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社のFPに見せない場合は、単純に新しく提案された内容の比較をしましょう。

世間には山ほど保険の相談に無料でのってくれる会社があります。

その中で本当に良い会社と出会うということは、想像以上に困難だと思います。

サイトなどに公開されているランキングもひとつの目安になります。

それぞれ異なった観点から格付けされているので、自分と相性の良さそうな会社がわかりやすくなっています。

よく聞くような名前の会社でも担当FPさんによって合う合わないはどうしてもありますから、試しに上から順に複数の会社に依頼してみるなど、有効利用することが満足への近道です。

保険の見直しならなら生命保険ドットコムがおすすめです。

今巷では、無料の保険相談が人気です。

その道のプロとがっつり話し合いができるというのに、お金を払わなくて良いとは太っ腹ですよね。

どんな仕組みでそんなことが可能になっているのか、探ってみました。

簡単にまとめるとやはりFPさんたちにいくお金は保険会社から出ていて、実際に契約ができたときにだけその分の手数料等が発生するそうです。

つまりはどれだけ知識が豊富で熱心なFPさんでも面談だけでなく契約まで至らないとお金にならないわけですが、そのチャンスはたくさん得られるので、利害関係が一致しているということですね。

ネットで少し調べるだけでも、保険無料相談会社についてのクチコミが溢れています。

つまり多くの人が不安や疑問、また強い興味を持っていて、それについて専門家に話してみたいと思っているということなのでしょう。

さらに面談そのものについて知りたい気持ちもあると思います。

特に評判が気になるのが訪問タイプだと思いますが、気にするべきところはFPさんの提案力や理解力、またこちらの希望に沿った提案をするつもりがあるかどうかです。

どこにお願いするか決めるときには、特にFPさんの対応などを気を付けて見てみると良いでしょう。

保険を見直すときにはこちらから行くにしろ向こうに来てもらうにしろやはり面と向かって話し合う場合がほとんどですが、中には電話での話合を請け負ってくれる会社もあるそうです。

仕組みとしましては、まずはフリーダイヤルやネットで連絡が欲しい時間の予約をします。

そのあとは予約時間を待つだけで良いわけです。

通話料すらかからないそうです。

これならプランに納得がいかなければ切れば良いだけなので、顔を合わせるより気楽だと感じる人も多いかもしれません。

保険を見直す時期といわれるライフイベントがあります。

一例を挙げると、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、保険に対する知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを利用してみましょう。

すでに保険に入っている人でも年収や支出などが契約当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、ライフプランや希望に合っているか、いざという時にきちんと守ってくれるかを改めて確認しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

契約中の保険内容の確認だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

例えば、人から何かを勧めらたり推しが強いと断れないという人がいます。

そういう人の中には、保険無料相談を行った際に自分の希望ではない新しい保険を勧められ、断りにくいと思ってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分の生活状況に合わない保障内容になっているなどトラブルにつながってしまいます。

なので、ここではFPの見極めるポイント、断り方について書こうと思います。

基本的にはその場で契約手続きをしないで「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば問題ないです。

保険は一生のうち、家の次に高い買い物と言われており、本当に担当者がお客様目線に立ってくれているなら無理には引き止めないはずです。

もし強引に引き止めてくるようなFPは信頼できないのでサービス元に連絡をしましょう。

将来のことを考えて保険の加入を考えている方、加入を検討しているならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあって行きやすいからという選択もいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、web予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後に条件を達成しているともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしてそうという不安な気持ちもわかります。

FP紹介サービスでは、評判をとにかく気にしているので評判の悪いFPは登録解除を行うサービスもあるほど評判を気にしています。

皆さんは買い物に行って必要ないものを買わされたというような経験や体験談を聞いたことはありますか。

生命保険の勧誘でも同じようなことがあるそうです。

例えば、保険の説明をしているときに不足している部分が重要だったという場合もあるそうです。

他には、保険金を請求したら告知義務違反で保険料がもらえなかったという人もいるそうです。

そんな時にどこに相談したらいいのかわからないですよね。

保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを得意とする弁護士もいるようです。

こういったトラブルがあった時には弁護士を頼ってみてください。

今の保険を選んだ際にどういったものを参考材料にして決めましたか?ランキングサイトなどの情報を決め手にした人、職場に来た営業の人の説明などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって選んだ結果、環境が変わって月々の料金が厳しい、実はどんな保障が付いているのか覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用しましょう。

当然のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

決心をして相談してみた結果、保障内容がほぼ同じでも月額が低くなった、今の生活状況により合った内容に見直しをしてもらえたという話も多いです。

皆さんは自分の入っている保険にどんな保障が付いているか把握していますか?少しでもわからないところがあれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスの利用です。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら受け取れるかや火事にあってしまってしまったときの保障などは、日常生活では使わないので保障の利用条件などを忘れていることもあります。

そこで、相談サービスにFPを紹介してもらい現在加入中の保障内容がライフプランに合っているか確認しましょう。

場合によっては、ほぼ内容が変わらないのに月額を低く抑えることができたという話も聞きます。

車の買取など様々な場面で見積もりをしますよね。

見積もりを取った後に面倒なのが見積もりに対しての最速の電話です。

値段交渉をしたりするのが好きな人は楽しいと言いますが最近では、電話が苦手という方が多いイメージを持っています。

保険無料相談サービスを利用する場合は、強制的な勧誘を行ったり、評判の悪いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に関してしっかりと対策が考えられています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行うFPだった場合はストップコールというシステムがあり、電話一本で勧誘のストップや担当者を変更することもできます。

保険の営業の人に案内されるがままに保険に加入してしまって実は、内容をしっかりと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを活用してはいかがでしょうか。

知識がなくても専門家が今はどんな保険、保障を契約しているか、相談者のライフプランに合う保険ではなかった場合、より現場に合う保険の相談に乗ってくれます。

また、相談した結果、必要のなかったオプションを外したり別の保険に変えることで保険料負担が減ることもあります。

また、無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉などの景品がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

一般的に良い評判よりも悪評の方が頭に残ってしまいます。

保障内容の見直しや現在の契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスでも評価を比べているサイトはあるのでしょうか。

口コミを見てみると相談前の人の多くが「相談したらあれこれ理由をつけられて保険に加入させられそう」という印象を持っていてなかなか相談への決心がつかなかったようです。

実際に体験した方によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、本当に相談・確認だけでもOKだったなどイメージとは全く違うことがわかりました。

なので見直しの機会を考えている人は安心して相談してください。